2019/06/20 07:00

松下奈緒&ディーン・フジオカ、北条司総監督作「エンジェルサイン」でセリフのない物語に挑戦

松下奈緒はチェリスト、 ディーン・フジオカはピアニストを演じる (C)「エンジェルサイン」製作委員会
松下奈緒はチェリスト、 ディーン・フジオカはピアニストを演じる (C)「エンジェルサイン」製作委員会

 [映画.com ニュース] 人気漫画「シティーハンター」「キャッツ・アイ」などで知られる北条司氏が総監督を担う実写映画「エンジェルサイン」に、松下奈緒とディーン・フジオカが主演していることがわかった。本作で2人はセリフのない、映像と音楽のみで紡がれる長編オムニバス映画に挑戦。あわせて、ティザー映像(https://www.youtube.com/watch?v=Sg5E-CGB33o&feature=youtu.be)と場面写真もお披露目された。

 “サイレントマンガオーディション”受賞作品に、北条氏が創出したオリジナルの「プロローグ」「エピローグ」を加え映像化。サイレントマンガオーディションとは、“言葉の壁”を取り払った世界最大級の漫画オーディションのことで、セリフを使わない短編漫画を募集し、漫画特有の演出力を審査する。これまでに14回開催され、108の国と地域から6888本の作品が寄せられている。週刊少年ジャンプで「シティーハンター」「キャッツ・アイ」の担当編集として活躍し、5代目編集長を務めた堀江信彦氏が開催してきた同オーディションに、北条氏は第1回から審査員として参加している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ひっそりと静かに過ごしたい気分。早々に家に帰り、好きな読書...もっと見る >