2019/06/20 18:00

アンセル・エルゴート、役作りの参考にしたのは母親!「ジョナサン」監督が明かす

 [映画.com ニュース] 「ベイビー・ドライバー」のアンセル・エルゴートが主演を務める「ジョナサン ふたつの顔の男」が、6月21日に公開を迎える。メガホンをとったのは、本作で長編映画デビューを果たした新鋭ビル・オリバー監督。撮影を振り返り、斬新な設定を思いついたきっかけや撮影裏話を語った。

 毎日のルーティーンを繰り返して生活する内向的な青年ジョナサンには、ジョンというもうひとつの人格があった。脳に埋め込んだタイマーで12時間ごとに人格が切り替わるように設定し、2つの人格をコントロールしてきたジョナサンだったが、ある女性との出会いによって平穏だった日常が狂い始める。

 オリバー監督が本作の設定を思いついたのは、高校生時代のとある経験がきっかけだったという。「友人がロッカーの鍵を朝開けようと思ったら、数字が変わっていて開けられないと言ったことがあったんだ。そこで、その友人が『ひょっとしたら自分の体や意識が誰かに乗っ取られていて、夜中にその別の誰かが覚醒して行動を起こしているのかもしれない』と言っていたんだけど、昼と夜とで別の人間が入れ替わっているというのは面白いなと思った」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >