2019/06/21 08:00

脚本家マックス・ランディスに性的暴行疑惑 所属エージェンシーは契約を解除

マックス・ランディスが脚本を手がけた 「エージェント・ウルトラ」 Photo Credit: Alan Markfield (C)2015 American Ultra, LLC. All Rights Reserved.
マックス・ランディスが脚本を手がけた 「エージェント・ウルトラ」 Photo Credit: Alan Markfield (C)2015 American Ultra, LLC. All Rights Reserved.

 [映画.com ニュース] 「クロニクル」「エージェント・ウルトラ」の脚本家マックス・ランディスに、性的暴行疑惑が持ち上がった。

 米情報サイトDaily Beastは6月18日(現地時間)、ランディスによる性的虐待および精神的苦痛を伴う心理操作の被害にあったという女性8人の告発を掲載。実名で名乗り出た2人のうちの1人であるアニ・ベイカーさんは、ランディスと短期間交際したのち別れを切り出したが、圧力をかけられ嫌々ながらも肉体関係を続けた。交際中のある時には、ふざけてお尻を軽く叩いた途端にランディスが豹変し、首を絞めながら脅されたこともあったという。

 デビッド・エアー監督、ウィル・スミス主演によるNetflixオリジナル映画「ブライト」(17)以降、脚本家としてのクレジットが途絶えているランディスをめぐっては、数年前からセクハラ容疑を唱える声がSNS上で広がっていた。#MeToo時代と呼ばれる現在、ハリウッドがセクハラ問題にかつてないほど過敏に対応するなか、米バラエティによれば、「早いうちに悪の芽を摘む」かのごとく、所属エージェンシーのCAAは契約の解除に踏み切ったという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >