2019/06/21 10:00

岡田准一、実写「ザ・ファブル」主演を後押ししたもの 木村文乃&山本美月と語る

 [映画.com ニュース] 日本映画界をけん引する実力派俳優の岡田准一が、南勝久による人気コミックを実写映画化した「ザ・ファブル」(6月21日公開)に主演し、「1年間の休業を命じられた凄腕の殺し屋」という異色の役どころに挑んだ。漫画原作の映画に出演するのは初めて。共演した木村文乃、山本美月とともに、俳優として「漫画のキャラクターに命を吹き込む」ことといかに向き合ったか、大いに語った。

 「小説は読者が読み進めるなかで、自分なりの想像に幅もあっていいと思うんですけど、漫画って、まずビジュアルがドーンと出てくる点が(演じるうえで)難しいと思っていました。特に『ザ・ファブル』はアクションとユーモアが同居した、緩急のある人間ドラマ。実写化して、原作ファンに認めてもらうのはもちろん、大人に向けた硬派な作品なのか、より幅広いエンタテインメントなのか、映画としてバランスをとるのがとても難しいと感じましたね」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

アグレッシブに行動できる日。変化を恐れずにチャレンジすると...もっと見る >