2019/06/21 14:00

広告会社勤務の監督2人が明かすこだわり 「ウィーアーリトルゾンビーズ」vs「僕はイエス様が嫌い」

広告会社に勤務しながら映画製作を 続けている長久允監督&奥山大史監督
広告会社に勤務しながら映画製作を 続けている長久允監督&奥山大史監督

 [映画.com ニュース] 新鋭・長久允監督の長編デビュー作「ウィーアーリトルゾンビーズ」(公開中)のトークショーが6月20日、東京・渋谷シネクイントで行われ、長久監督と「僕はイエス様が嫌い」を手掛けた奥山大史監督が登壇した。

 サンダンス映画祭でも注目を浴びた「ウィーアーリトルゾンビーズ」は、両親を亡くし葬式で出会った4人の子どもたちが、音楽や冒険を通して変化していくさまを描く。海外映画祭での観客の反応について、長久監督は「アメリカのサンダンス映画祭だとニュージャンルコメディみたいな捉え方でびっくりしました。(本編の開始直後に登場する)スパゲッティで笑うんですよ、『(始まって)2秒じゃん』みたいな。コミカルとトラジェディック(悲惨)が極端に混ざっていて新しいという評価でした」と述懐。一方で「ドイツのベルリンは哲学的に分析する題材として楽しんでもらったみたいです」と、国によって全く違う感想が寄せられたことを明かした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

素晴らしくカンがいい日。自分を信じて直感で行動しよう。なぜ...もっと見る >