2019/06/21 19:00

「ある町の高い煙突」渡辺大、“理想”と“信念”の男を熱演「いい人すぎて難しい面も…」

 [映画.com ニュース] 30代半ばに差しかかり、渡辺大が存在感を増している。まもなく全国公開を迎える、約100年前の煙害問題を描く映画「ある町の高い煙突」では、企業の人間でありながら、主人公の青年と友情を育み、問題の解決に取り組む、理想に燃える男を熱演している。

 原作は映画化された「八甲田山」「劔岳 点の記」などの名作で知られる文豪・新田次郎が、茨城県の日立鉱山の実話を元に執筆した小説。鉱山の煙害に苦しむ村の人々と企業が協力し、巨大な煙突を建設する姿を描く。

 弱者が利益を追求する巨大な企業に立ち向かう――そんな“勧善懲悪”の物語なら、現代のエンタメ界にぴったりとマッチしているかもしれないが、本作はそんな単純な構図の物語ではない。

 「地元の住民たちと企業を描いているけど、相反する立場の者たちが協力し、障害を乗り越えていくというところが面白く、脚本を読み終わって、すごくいい気持ちになりました。ある種の理想を描いていますが、それが実話だということに驚いたし、ややピリピリした現代に響くんじゃないかなと感じました」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >