2019/06/21 22:30

子育てを終えたシングルマザー監督の映画が横浜で上映「日本の女性に見てほしい」

リサ・アズエロス監督(左)とタイス・アレサンドラン
リサ・アズエロス監督(左)とタイス・アレサンドラン

 [映画.com ニュース]今年で27回目を迎える「フランス映画祭2019 横浜」が、横浜・みなとみらい地区で開催中だ。今回はフランスの最新映画16本を紹介、うち3本は女性監督の作品だ。昨年日本でも公開された「ダリダ あまい囁き」の監督、リサ・アズエロスが自身の私生活をもとに描いた「愛しのベイビー」が6月22日上映される。幼い子ども3人を抱えながらも、離婚を決断し、子どもを育て上げるまでのシングルマザーの物語。アズエロス監督の実娘で女優のタイス・アレサンドランが、末娘を演じる。来日したふたりに話を聞いた。

--歌姫の生涯を描いた前作「ダリダ あまい囁き」やソフィー・マルソー主演の「LOL 愛のファンタジー」などこれまでも女性の人生をテーマにした作品を発表しています。このタイミングでご自身の経験を映画化した理由を教えてください。

リサ「実際に娘のタイスのカナダへの留学が決まり、親離れ子離れのテーマを描いてみたいと思ったのです。私自身、離婚を経験し、27年間の3人の子育てを終えて、再び自分のことを見つめるタイミングでもあったのです」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが体調に出やすい日。無理をしないで休んだり、...もっと見る >