2019/06/22 07:30

クロード・ルルーシュ監督が来日、岸惠子、53年ぶりの新作「男と女」エピローグに感激

 [映画.com ニュース]横浜市で開催中の「フランス映画祭2019 横浜」で6月21日、「男と女」で知られるクロード・ルルーシュ監督の新作「男と女III 人生最良の日々(仮)」が上映され、ルルーシュ監督と女優の岸惠子がトークを行った。

 万雷の拍手で迎えられたルルーシュ監督は「ここに来て、53歳若返った気がします。66年に『男と女』を持って日本に来て、エピローグを持って再訪するとは思ってもいませんでした」と挨拶し、「同じ監督が同じ俳優を使って同じストーリーを撮ること。これは映画史上ないことです」とフランス恋愛映画の金字塔として知られる、自身の代表作のエピローグとなる新作を紹介した。

 また、この日は慶応義塾大学のビッグバンドサークル「ライト・ミュージック・ソサイェティ」が、フランシス・レイの楽曲を演奏した。ルルーシュ監督は「フランシス・レイは、私の35本の映画の音楽を手がけ、彼がこの世を去る前に、この新作のための(音楽の)時間を作ってくれました。また、『男と女』の歌詞を作ったピエール・バルーは、日本人の奥さんをもらって、日本の素晴らしさを私に伝え続けました」とこの世を去ったふたりの音楽家へオマージュを捧げた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

スッキリしない出来事が多く落ち着かない日。悩むよりも、音楽...もっと見る >