2019/06/22 23:48

「今でも五月革命の存在感は大きい」現代社会に憤る女性を自身で演じた新鋭監督に聞く

(C)Agat films & Cie - Ex nihilo
(C)Agat films & Cie - Ex nihilo

 [映画.com ニュース]フランスの最新映画を紹介する「フランス映画祭2019 横浜」が、横浜・みなとみらい地区で開催中だ。6月23日に上映される「マイ・レボリューション」は、社会運動家の両親に育てられ、自身も現代社会の変革を理想とするが、家族関係や恋愛など等身大の私生活の悩みも抱える30代女性を描いた物語。来日したジュディス・デイビス監督に話を聞いた。

--初監督作にこの題材を選んだ理由を教えてください。

 私は5人のメンバーの全員が役者、脚本、演出をする演劇グループに所属しており、10年以上前に上演した作品を今回映画化したいと思ったのです。そして私が主人公を演じるにあたって、家族という視点を入れ、私自身が普段感じていること、社会に対する怒りを反映しました。一人の女性の政治的な取り組みと私生活、どうバランスをとっていくのかを描きました。

--主人公のアンジェラは、強い社会的意識を持つ女性ですね。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

アグレッシブに行動できる日。変化を恐れずにチャレンジすると...もっと見る >