2019/06/23 08:00

【国立映画アーカイブコラム】なぜ映画を「残す」のか? 実は身近な映画保存の話

フィルムの出入庫を行う隈元さん
フィルムの出入庫を行う隈元さん

 [映画.com ニュース]  映画館、DVD・BD、そしてインターネットを通じて、私たちは新作だけでなく昔の映画も手軽に楽しめるようになりました。それは、その映画が今も「残されている」からだと考えたことはありますか? 誰かが適切な方法で残さなければ、現代の映画も10年、20年後には見られなくなるかもしれないのです。国立映画アーカイブは、「映画を残す、映画を活かす。」を信条として、日々さまざまな側面からその課題に取り組んでいます。広報担当が、職員の“生”の声を通して、国立映画アーカイブの仕事の内側をご案内します。ようこそ、めくるめく「フィルムアーカイブ」の世界へ!

××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

 国立映画アーカイブ(National Film Archive of Japan:NFAJ)をご存知ですか? 当館は、東京メトロ・京橋駅と宝町駅からそれぞれ徒歩1分、東京駅や銀座・有楽町・日本橋エリアからはおよそ徒歩10分という、色んな映画館とハシゴも楽しめる立地にあります。これまでは東京国立近代美術館フィルムセンターとして活動してきましたが、2018年4月、その機能を名前に掲げた6館目の国立美術館へと生まれ変わりました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >