2019/06/23 13:00

スピルバーグ「ものすごく怖い物語」を盟友カッツェンバーグに売り込み

スティーブン・スピルバーグ監督
スティーブン・スピルバーグ監督

 [映画.com ニュース] スティーブン・スピルバーグ監督が、かつてドリームワークス・アニメーションを率いたジェフリー・カッツェンバーグ氏が新たに立ち上げるデジタル配信プラットフォーム「Quibi」向けに、短編動画シリーズを提供することが明らかになった。米バラエティが報じている。

 Quibiは「quick bites(ひと口サイズ)」の略語で、スマートフォン向けに7~10分の短い動画コンテンツを提供する新プラットフォーム。2020年4月のローンチに向けて投資家から既に10億ドルを調達しており、サム・ライミ監督、スティーブン・ソダーバーグ監督、ギレルモ・デル・トロ監督、ダグ・リーマン監督といった人気監督が作品提供を行うことになっている。

 カナダのバンフで行われたメディアフェスティバル「Banff World Media Festival」に参加したカッツェンバーグ氏は、かつて映画会社ドリームワークスを共同で立ち上げた盟友スピルバーグ監督の参加を発表。「ものすごく怖い物語のアイデアがある」とスピルバーグ監督がアプローチしてきたといい、脚本をスピルバーグ監督自身が執筆しているという。「Spielberg’s After Dark」という仮タイトルがつけられた同シリーズは全10話前後で、既に5、6話を執筆済みだという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

スッキリしない出来事が多く落ち着かない日。悩むよりも、音楽...もっと見る >