2019/06/24 17:00

石坂健治氏が語る、特集上映「東南アジア映画の巨匠たち」見どころと開催意義

見どころを語った石坂健治氏
見どころを語った石坂健治氏

 [映画.com ニュース] 日本と東南アジアの文化交流の一環として国際交流基金アジアセンターが主催している「響きあうアジア2019」プロジェクト。映画に関しては、公益財団法人ユニジャパン(東京国際映画祭=TIFF)がアジアセンターと共催で、東南アジアにおけるワールドクラスの作家を紹介する「東南アジア映画の巨匠たち」という、特集上映&シンポジウムを、7月3~10日に開催する。そこで東京国際映画祭で「国際交流基金アジアセンター presents CROSSCUT ASIA」など、アジア映画のプログラミングを担当している石坂健治氏に、本イベントの開催意義などを聞いた。

 近年、アジア映画は国際的な評価を得る作品が増えているが、映画産業が成熟した中国や韓国だけでなく、東南アジアへの注目が集まっているのが特徴。きっかけは「2016年のフィリピンです」と石坂氏は語る。

 「あの年に、ラブ・ディアス監督の『立ち去った女』がベネチア国際映画祭で金獅子賞と『痛ましき謎への子守唄』がベルリン国際映画祭の銀熊賞を、ブリランテ・メンドーサ監督の『ローサは密告された』がカンヌ国際映画祭で最優秀女優賞を受賞し、一気にフィリピン映画に注目が集まりました。世界三大映画祭のあと1年くらいかかって、日本で映画祭上映や一般公開され、『2017年はフィリピンが主役の年』という感じになったんです。余談ですが、カンヌは昨年、今年と2年連続で東アジア勢がパルムドールを受賞しているってこともすごいことなんですけどね。とはいえ現在、東南アジアの映画を牽引するのは、フィリピンであることは間違いありません」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >