2019/06/24 19:00

「ウィーアーリトルゾンビーズ」の8bit表現に込められた真意 森直人「素晴らしいメタファー」

収録後“自動筆記”の話題で盛り上がった 長久監督と森氏
収録後“自動筆記”の話題で盛り上がった 長久監督と森氏

 [映画.com ニュース] “映画を語る”をテーマとしたWEB番組「活弁シネマ倶楽部」の収録がこのほど、東京・銀座九劇アカデミアで行われ、「ウィーアーリトルゾンビーズ」(公開中)のメガホンをとった長久允監督が出演。映画評論家の森直人氏がMCを務めたトークを、映画.comが取材した。

 両親を失い、ゾンビのように感情を失った子どもたちの冒険を、ギミック満載の映像表現や独特のセリフ回しで描く。長久監督と森氏は、2009年に公開されたオムニバス映画「ゼロ年代全景」の座談会(パンフレット収録)以来、10年ぶりの再会となった。青山学院大学に通いながらバンタンデザイン研究所で映像を学んだ長久監督に対し、「自分のルーツをはっきりと語られる方」という印象を抱いていた森氏。「ウィーアーリトルゾンビーズ」は、「ゼロ年代全景」の1本として世に放った「FROG」を想起したようだ。

 「FROG」は、世界の終末が近づく中で生きる人々をつづった群像劇。長久監督は「中学、高校、大学とキリスト教系の学校に通っていたので、聖書を思い浮かべながら物語を紡いでいる」と明かし、森氏から「スタートラインが“絶望”」という両作の共通点を指摘されると、ストーリーテラーとしての信念を打ち明けた。「僕は0が100になる幸福よりも、マイナス100がマイナス99になるもの、そのプラス1の幸福をきちんと描きたいんです。またマイナス100も客観的な評価であって、実はフラットで0なんじゃないかという思いも強くある。だからこそ、客観的に絶望的な状況というものを描きたい」と語っていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

他人にふりまわされず、精神的に落着いて過ごせる日。困ってい...もっと見る >