2019/06/25 05:00

有村架純「駅までの道をおしえて」でモノローグに初挑戦! 大人になった主人公の声を担当

モノローグの収録に臨む有村架純 (C)2019 映画「駅までの道をおしえて」 production committee
モノローグの収録に臨む有村架純 (C)2019 映画「駅までの道をおしえて」 production committee

 [映画.com ニュース] 女優の有村架純が、直木賞作家・伊集院静氏の小説を映画化する「駅までの道をおしえて」でモノローグに初挑戦していることがわかった。有村は子役の新津ちせちゃんが演じる少女の10年後の声を務めており、あわせて収録風景をおさめた写真も公開された。

 大切な存在を失い、喪失感を抱えた少女と老人の心温まる交流を描く本作。「3月のライオン」2部作のちせちゃんが主人公サヤカ役に抜てきされ、仏パリを拠点に俳優、演出家として活躍し、「沈黙 サイレンス」に出演した笈田ヨシが孤独な老人フセに扮する。坂井真紀と滝藤賢一がサヤカの両親役を担うほか、マキタスポーツと羽田美智子が親戚、市毛良枝と塩見三省が祖父母、柄本明と余貴美子が動物病院の院長と看護師長を体現し、豪華キャスト陣が顔をそろえた。

 8歳のサヤカは、愛犬ルーの死を受け入れられず、いつまでもルーの帰りを待っている。ある日サヤカは、喫茶店で幼い息子を亡くした経験を持つ老人フセと出会う。2人はきずなを育み、互いの心にある“命の喪失感”を温かい思い出に変えていく。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

素晴らしくカンがいい日。自分を信じて直感で行動しよう。なぜ...もっと見る >