2019/06/26 15:00

スティーブン・キング「死のロングウォーク」を「ジェーン・ドウの解剖」監督が映画化

スティーブン・キング 写真提供:アマナイメージズ
スティーブン・キング 写真提供:アマナイメージズ

 [映画.com ニュース]米人気作家スティーブン・キングの問題作「死のロングウォーク」を米ワーナー・ブラザース傘下のニューラインが映画化する新作の監督が、「ジェーン・ドウの解剖」のノルウェー人監督アンドレ・ウーブレダルに決まったことがわかった。米Deadlineが独占で報じている。

 キングがリチャード・バックマンの名義で1979年に発表した「死のロングウォーク」は、独裁国家と化した近未来のアメリカを舞台に、10代の少年100人を集めて毎年開催される死の競技“ロングウォーク”の恐怖を描いた問題作。ひたすらコース上を歩くだけの一見単純なこの競技には、歩行速度が時速4マイルを下回ると警告を受け、1時間に3回以上警告を受けると射殺されるという恐ろしいルールが設けられていた。生き残りが最後の1人になるまで終わらないロングウォークを歩きながら、お互いがライバルであると知りつつも励まし合い、深い絆で結ばれていく少年たち。絶望的な極限状況で最後まで生き残るのは、はたして誰なのか。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >