2019/06/27 08:00

「天気の子」醍醐虎汰朗&森七菜がお天気キャスターに挑戦! 日本気象協会を訪問

奈良岡希実子さん
奈良岡希実子さん

 [映画.com ニュース] 新海誠監督の最新作「天気の子」に参加した醍醐虎汰朗と森七菜が6月19日、東京・池袋のサンシャイン60内にある「日本気象協会」を訪問した。「日テレNEWS24」「情報ライブ ミヤネ屋」「Nスタ」などに出演する気象予報士・奈良岡希実子さんに案内されながら“天気の知識”を深めていった2人は、本編アフレコ終了時に抱いた思いも明かしてくれた。

 「日本気象協会」は、1950年に設立(09年に財団法人から一般財団法人へ移行)。テレビ、ラジオなどへの気象、環境、防災情報および解説の提供をしており、日本の民間気象会社としてはパイオニア的な存在だ。気象情報サイト「tenki.jp」(https://tenki.jp/)では、天気予報をはじめ防災情報、全国の天気図、洗濯指数などの指数情報など、天気に関わるさまざまな情報を提供している。

 まず醍醐と森が訪れたのは、天気図を作成しているフロア。「(交代制で)24時間365日、休むことなく働いているんですよ」(奈良岡さん)と告げられた2人は、真剣な眼差しでパソコン画面を眺め続ける人々に興味津々だ。「よろしければ配信してみますか?」という誘いを受けて、ドギマギした様子でいすに座った森。担当することになったのは人気コンテンツ「日直予報士」の配信だ。「tenki.jp」公式Twitterのフォロワー数は、なんと約280万人。その数字に驚きを隠せない森だったが、意を決して「明日、天気になぁ~れ!」という掛け声とともに配信ボタンをクリックしてみせた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おとなしく過ごしたいのに、引っ張りだされてストレスがたまり...もっと見る >