2019/06/27 12:00

韓国の演技派女優シム・ウンギョン、「新聞記者」で実感した“難しい”芝居とは?

「新聞記者」の撮影を振り返ったシム・ウンギョン ヘアメイク:遠山美和子(THYMON Inc.)、 スタイリスト:Babymix
「新聞記者」の撮影を振り返ったシム・ウンギョン ヘアメイク:遠山美和子(THYMON Inc.)、 スタイリスト:Babymix

 [映画.com ニュース] 現役の新聞記者である望月衣塑子のベストセラーを原案に、官邸とメディアの攻防を描く「新聞記者」が、6月28日から公開される。松坂桃李と共に主演を務めたのは、大ヒットした韓国映画「サニー 永遠の仲間たち」「怪しい彼女」などで知られるシム・ウンギョン。2年前から日本の芸能事務所に所属し、本格的に日本進出を果たしたシムに、本作の話を聞いた。

 「青の帰り道」「デイアンドナイト」の藤井道人監督がメガホンをとった本作は、若き新聞記者とエリート官僚の対峙と葛藤を描く社会派サスペンス。大学新設の極秘情報を追う記者・吉岡エリカをシム、理想とは裏腹に現政権に不都合なニュースをコントロールするという職務を担う官僚・杉原拓海を松坂が演じている。

 劇中で流ちょうな日本語を話しているシムは、インタビューの受け答えも日本語で行っていた。「今でも日本語のイントネーションは難しいです」と苦笑したが、「話すことが大事だと思うので、なるべく日本語で話しかけて頑張っています」と勉強熱心な一面をのぞかせた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >