2019/06/28 08:00

「男はつらいよ」最新作、特報完成! 超貴重な限定商品“寅んく”が12月発売

ティザーポスターも完成! (C)2019松竹株式会社
ティザーポスターも完成! (C)2019松竹株式会社

 [映画.com ニュース]国民的人気映画シリーズの50作目となる「男はつらいよ お帰り 寅さん」のティザーポスターと特報映像が、このほど初披露された。

 1969年8月27日、第1作「男はつらいよ」が封切られてから50年。シリーズ50作目となる22年ぶりの最新作は、故渥美清さんが演じてきた車寅次郎の甥(おい)である満男(吉岡秀隆)と、満男がかつて思いを寄せたイズミ(後藤久美子)のその後の物語。別々の人生を歩んできたふたりを軸に、さくら(倍賞千恵子)、博(前田吟)、“くるまや”を取り巻く人々の現在が描かれる。

 物語の始まりは、諏訪満男の妻の七回忌の法要。柴又の帝釈天の参道に昔あった「くるまや」の店舗は新しくカフェに生まれ変わり、その裏手に昔のままの住居がある。法事のあと、ひとしきり昔話に花が咲く。寅次郎がマドンナを連れてくるたび、家中が大騒ぎ――あれから半世紀の歳月が流れたのだ。

 サラリーマン生活の合間に書いた作品が認められて小説家になった満男は、ある日偶然、一度は結婚の約束までした女性・及川泉に再会することに。「君に会わせたい人がいる」と泉に告げ、彼女を小さなジャズ喫茶へ連れて行った満男。その店を経営していたのは、20年以上前に奄美大島で会った寅次郎の恋人・リリーだった。懐かしい人たちとの再会、そして思い返す寅さんのこと――それらの出来事は、満男と泉にあたたかい“何か”をもたらしていく。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

今日はダラダラしてしまいそう。部屋の中が散らかるとやる気が...もっと見る >