2019/06/30 08:00

篠原涼子が忘れられない思い出の弁当とは?

 [映画.com ニュース] 女優の篠原涼子が主演した「今日も嫌がらせ弁当」(塚本連平監督、6月28日公開)は、高校3年間、反抗期の高校生の娘(芳根京子)のためにキャラ弁を作り続けた母と娘の物語だ。自身の代表作となったシリアスサスペンス「人魚の眠る家」(2018)から一転、本音で明るく生きるシングルマザーを好演した篠原が、最近続いている母親役、弁当の思い出や自身の“反抗期”について語ってくれた。(取材・文/平辻哲也、写真/サイトウムネヒロ)

 「今日も嫌がらせ弁当」はシリーズ累計20万部を超えるブログ発の同名エッセーが原作。八丈島を舞台に、わざととっぴなキャラ弁を作り、反抗期の娘・双葉とコミュニケーションを取ろうとする母・かおりの奮闘を描く。「(台本は)テンポよく読めました。本だけでもすごく楽しかったのですが、CGになる部分やキャラクター弁当などもあるので、映像になったら、もっと面白いんだろうなと想像をかきたてられました。実際、そういうものが映像でいきていると思います」と話す。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >