2019/07/01 12:00

“漫画家・北条司” だからできる、驚異の実写映画製作手法 松下奈緒&ディーン・フジオカが現場語る

 [映画.com ニュース] 人気漫画「シティーハンター」「キャッツ・アイ」などで知られる北条司氏が総監督を担う実写映画「エンジェルサイン」の撮影現場が、このほど報道陣に公開された。記者たちが目を見張ったのは、“漫画家・北条司”ならではの製作手法。主演の松下奈緒とディーン・フジオカも例外ではなく、そのユニークなアプローチについて語った。

 セリフを排除し、映像と音楽のみで紡いだ長編オムニバス映画。実写映画初挑戦の北条総監督は“プロローグ”と“エピローグ”に携わっており、チェリストのアイカ(松下)とピアニストのタカヤ(フジオカ)が織りなす愛の物語を描く。

 報道陣が訪れたのは、3月20日に東映東京撮影所で行われた現場だ。北条総監督は、セットの正面に設置された拠点に、静かに佇んでいた。ディレクターズチェアに腰掛けながらモニターを凝視し、時折り立ち上がっては、ベースをぐるりと囲む衝立(ついたて)に目を向ける。そこには、当日の撮影シーンを描いた絵コンテが、何10枚とびっしり貼り付けられていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >