2019/07/01 12:00

前代未聞の対立劇演じた熱海国際映画祭へ行ってきた 審査員・桃井かおり“置き石”レッドカーペットにも笑顔

 [映画.com ニュース] 昨年6月に第1回が開催され、「熱海を日本のハリウッドに」とまで期待された「熱海国際映画祭」(6月28日~7月1日)。第2回開催の約1カ月前に約1460万円の赤字が判明したことから、熱海市長と運営会社が対立し、「やる」「やらない」の迷走を繰り広げた。こんな稀にみるドタバタ劇の末に開幕された映画祭を、28、29日の両日、見てきた。(文・平辻哲也)

 国際映画祭は本来、町を挙げての一大イベントだったはず。しかし、駅前にはポスターの1枚もない。「第2回熱海国際映画祭」は運営母体の「映画祭実行委員会」が分裂し、熱海市としては一切手を引いたからなのだろう。会場までタクシーに乗ったが、運転手も「聞いたことはあるけれど……」といったレベル。映画祭は本当にやっているのだろうか、と不安になってしまった。

 午後5時前に、レッドカーペット&セレモニーの会場「熱海起雲閣」に到着。玄関前には在京キー局のワイドショーをはじめ20人以上の報道陣がズラリと並んでいる。しかし、レッドカーペットイベントには恒例のファンの姿はない。というか、肝心のカーペットさえ敷かれていない。すると、スタッフ2人が慌てて準備に取り掛かる。海に面した熱海は風も強い。カーペットがめくれ上がると、スタッフは慌てて、その辺に転がっているような石で留め置いた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >