2019/07/01 19:01

【国内映画ランキング】「アラジン」V4で興収72億突破、2位「スパイダーマン」は3日で10億

興行収入72億円を突破 (C)2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
興行収入72億円を突破 (C)2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

 [映画.com ニュース]  6月29日~30日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。6月最後の週末は4本の新作がランクインしたが、首位はディズニー「アラジン」が4週連続でキープ。週末2日間で動員61万1000人、興収8億7900万円を稼ぎ、前週末比88%と驚異的な興行を展開している。累計動員は504万8500人、興収は72億1720円を突破。2017年に公開され、最終興収124億円を記録したディズニーの実写映画「美女と野獣」の4週目週末を大きく上回っている。IMAXや4D上映も人気で、最終興収100億円も現実味を帯びてきた。

 新作「スパイダーマン ファー・フロム・ホーム」は初登場2位。同作はトム・ホランド主演「スパイダーマン ホームカミング」の続編で、「アベンジャーズ エンドゲーム」後の世界を舞台に、高校生のピーター・パーカーが真のヒーロー、スパイダーマンとして成長していく姿を描く。28日より全国818スクリーンで公開され、土日2日間で動員46万0340人、興収6億9856万1400円をあげた。これは17年7月に公開され、最終興収28億円を記録した「スパイダーマン ホームカミング」の興収比156%の成績。公開3日間では動員66万9304人、興収10億0994万9700円を記録し、最終興収40億円超えが見込める好スタートを切った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の中の矛盾に葛藤しやすい日。考えすぎて疲れてしまいそう...もっと見る >