2019/07/02 10:00

ジョージ・R・R・マーティン、「ゲーム・オブ・スローンズ」への思いを告白

ジョージ・R・R・マーティン Photo by Jeff Kravitz/FilmMagic for HBO /Getty Images
ジョージ・R・R・マーティン Photo by Jeff Kravitz/FilmMagic for HBO /Getty Images

 [映画.com ニュース] 米大ヒットシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」の原作者として知られる作家ジョージ・R・R・マーティンが、5月に8シーズンにわたる歴史に幕を閉じた同ドラマへの思いを語った。

 映画評論家レナード・マルティンが司会を務めるポッドキャスト「Maltin on Movies」に出演したマーティンは、脚本家として本格的に活動を始めた際、当時のエージェントから読むよう勧められたというウィリアム・ゴールドマンの著書「Adventures in the Screen Trade(原題)」に触れ、「『ゲーム・オブ・スローンズ』での体験を通して、ゴールドマンがあの本で繰り返し掲げる『誰も何もわかっちゃいない』という金言がいかに正しかったか、身をもって実感したよ。これは当たる、もしくはコケるなんて、しょせん誰にもわからないわけで、周りの意見に振り回されるだけ無駄だってね」と語った。

 「ゲーム・オブ・スローンズ」の放送局である米有料チャンネルHBOは現在、パイロット版がクランクインしたばかりのスピンオフドラマ第1弾を含め、5つの後継番組の企画開発を進めている。だがそのいずれも、本家シリーズほど成功するとは思っていないというマーティンは、「世界中のあらゆる文化に浸潤し、社会現象を巻き起こすことになるとは、私自身も含めて誰も予想していなかった。あれだけの規模の成功を体験することは、この先もうないだろうし、期待もしていないよ」とあっさりと言い切っている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >