2019/07/03 19:00

ジェームズ・マースデン、スティーブン・キング原作「ザ・スタンド」映画化で主演

ジェームズ・マースデン 写真:Shutterstock/アフロ
ジェームズ・マースデン 写真:Shutterstock/アフロ

 [映画.com ニュース] スティーブン・キングの長編ホラー小説「ザ・スタンド」をミニシリーズとして再映像化する企画に、「X-MEN」シリーズで知られるジェームズ・マースデンが主演交渉中であることがわかった。

 キングの最高傑作とも評される原作は、軍の細菌兵器研究所から流出した殺人ウイルスによって人口の大半が死滅したアメリカを舞台に、奇跡的に生き残った者たちが繰り広げる善と悪の戦いを描いた壮大な黙示録的小説。1994年には米ABCが、ゲイリー・シニーズ、モリー・リングウォルド、ロブ・ロウら豪華キャスト共演による6時間のミニシリーズとして映像化している。

 米CBSテレビジョン・スタジオが自社のストリーミングサービスCBS All Access向けに制作する新たなミニシリーズは、「きっと、星のせいじゃない。」のジョシュ・ブーン監督がベンジャミン・カベルと共同で脚本を執筆。全10話中9話で自らメガホンをとるのに加え、ジミー・ミラー、ロイ・リーとともに制作総指揮も務める。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >