2019/07/04 13:00

村上虹郎&芋生悠、豊原功補&小泉今日子プロデュースの外山文治監督作にW主演

和歌山を舞台に、先の見えない逃避行を描く (C)2020 ソワレフィルムパートナーズ
和歌山を舞台に、先の見えない逃避行を描く (C)2020 ソワレフィルムパートナーズ

 [映画.com ニュース] 村上虹郎と芋生悠(いもうはるか)がダブル主演を務め、外山文治監督がメガホンをとるオリジナル映画「ソワレ」が2020年に公開されることがわかった。豊原功補、小泉今日子、外山監督らが立ち上げた映画製作会社「新世界合同会社」のプロデュース作品第1弾となる。

 「此の岸のこと」がモナコ国際映画祭2011の短編部門で5冠を獲得し、「燦燦 さんさん」がカナダの第38回モントリオール世界映画祭に正式招待された外山監督の最新作。和歌山県出身で「御坊日高映画プロジェクト実行委員会」を組織したプロデューサー・前田和紀氏の依頼を受けた外山監督が、同県の名所・道成寺にまつわる「安珍清姫伝説」を織りこんだオリジナル脚本を執筆し、御坊市、日高地方、和歌山市の横断ロケを敢行した。

 フランス語で「日が暮れた後の時間」「夜会」、劇場用語で「夜公演」を意味し、豊原が「誰もが心の奥底に秘める癒えることのない傷や大切な思いを“一夜かぎりのソワレ(夜会)”に閉じ込め、次のまた新しい朝を迎え歩き出す」というメッセージをこめたタイトル「ソワレ」。役者を目指す青年・岩松翔太(村上)は、生まれ育った海辺の街の高齢者施設で演劇を教えている。しかし、ある事件をきっかけに、施設で働く山下タカラ(芋生)と先の見えない逃避行を繰り広げることになる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の中の矛盾に葛藤しやすい日。考えすぎて疲れてしまいそう...もっと見る >