2019/07/04 16:30

「カオスがクリエイティビティにつながる」シンガポール、インドネシア、フィリピンの巨匠が語る、アジア映画の未来

エリック・クー監督、ブリランテ・ メンドーサ監督、ガリン・ヌグロホ監督(左から)
エリック・クー監督、ブリランテ・ メンドーサ監督、ガリン・ヌグロホ監督(左から)

 [映画.com ニュース] 国際交流基金アジアセンターによる、日本と東南アジアの文化交流事業を紹介する祭典「響きあうアジア2019」の一企画の特集上映「東南アジア映画の巨匠たち」が開催中だ。7月3日、東京・池袋の東京芸術劇場で「映画分野における日本と東南アジアの国際展開を考える」と題したシンポジウムが行われた。第2部「映画制作におけるコラボレーションの未来図」で、シンガポールのエリック・クー監督、インドネシアのガリン・ヌグロホ監督、フィリピンのブリランテ・メンドーサ監督が登壇した。

 漫画家・辰巳ヨシヒロの半生を映画化した長編アニメ「TATSUMI マンガに革命を起こした男」や、斎藤工主演のシンガポール・日本・フランス合作映画「家族のレシピ」など、日本との関係も深いクー監督。現在ケーブルテレビ局・HBOアジアで、幽霊をテーマにしたホラーオムニバス「フォークロア」と、食をテーマした第2弾「FOODLORE」のプロデューサーを務め、それぞれ1話ずつ斎藤工が監督していると紹介した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >