2019/07/05 11:00

タイカ・ワイティティ監督、「フラッシュ・ゴードン」を長編アニメとしてリブート

タイカ・ワイティティ監督 Photo by Jim Spellman/WireImage/Getty Images
タイカ・ワイティティ監督 Photo by Jim Spellman/WireImage/Getty Images

 [映画.com ニュース] ウォルト・ディズニー傘下となった20世紀フォックスが準備を進める「フラッシュ・ゴードン」のリブート企画を、「マイティ・ソー バトルロイヤル」のタイカ・ワイティティ監督が手がけることになったと、米Deadlineが報じている。

 同作は、冒険家フラッシュ・ゴードンの活躍を描くスペースオペラ。1934年に新聞の連載漫画としてスタートし、その後、ラジオドラマやテレビドラマ、映画などに展開。80年にサム・ジョーンズ主演で映画化されたバージョンが有名で、興行・批評とも散々な結果に終わったものの、クイーンが音楽を担当したことも含め、カルト的人気を誇ることで知られている。

 フォックスは以前からリブート版「フラッシュ・ゴードン」の企画開発を進めており、「キングスマン」のマシュー・ボーン監督、「オーヴァーロード」のジュリアス・エイバリー監督らが挑戦したものの、実現には至っていない。そしてこのほど、同企画の指揮を執ることになったワイティティ監督は、「フラッシュ・ゴードン」を長編アニメ映画としてリブートするつもりだという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >