2019/07/05 21:00

B・メンドーサ監督、フィリピン麻薬戦争を描いた作品で追求したリアリティを語る Netflix問題にも言及

ブリランテ・メンドーサ監督
ブリランテ・メンドーサ監督

 [映画.com ニュース]フィリピンの巨匠ブリランテ・メンドーサの「アルファ、殺しの権利」が7月5日、東京・有楽町スバル座で開催中の特集「東南アジア映画の巨匠たち」で上映され、メンドーサ監督がトークショーに出席した。

 第62回カンヌ国際映画祭の監督賞に輝いた「キナタイ マニラ・アンダーグラウンド」や「ローサは密告された」で知られるメンドーサ監督がメガホンをとった、フィリピン麻薬戦争を1人の警察官の視点から生々しく切り取る問題作。警察署が麻薬組織にスパイを送りこみ、善と悪、表と裏が入り乱れる戦いが展開していく。

 実際の警察署で撮影し、そこで働く警察官が出演したという本作。メンドーサ監督は「ストーリーに忠実でありたい、真実を反映したい。それがリアルである、ということだと思います。状況、キャラクターがリアルであれば、スクリーンに投影されて信憑性が生まれ、正直な描写ができると思います」と意図を明かす。リアリティを追求すべく撮影環境にこだわりを持っているからこそ、撮影許可など困難もあったそうだが、「例えばギャラリーがいて撮影が難しいなら、逆にエキストラとして出演してもらいました。障害と考えるのではなく、サポートをお願いして役立ってもらったのです」と振り返る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おとなしく過ごしたいのに、引っ張りだされてストレスがたまり...もっと見る >