2019/07/06 14:00

1秒に2人が死を迎えている世界…タイの新鋭監督が明かす死生観「人生最後の1日はごく普通の日」

 [映画.com ニュース] 「BNK48」のドキュメンタリー映画などで知られるタイのナワポン・タムロンラタナリット監督がメガホンをとった「ダイ・トゥモロー」が7月5日、東京・有楽町スバル座で開催中の特集「東南アジア映画の巨匠たち」で上映され、タムロンラタナリット監督、山形国際ドキュメンタリー映画祭理事の藤岡朝子氏がトークショーに出席した。

 ユニークでエキセントリックなスタイルに国内外で高い評価が寄せられているタムロンラタナリット監督が、死について思いをめぐらすドキュメンタリードラマ。「人生の最後の1日は、ごくごく普通の1日でありがち」という認識のもと、普通の人が最後の1日を過ごすドラマ部分と、人々が死について語るインタビュー部分で構成されている。

 世界の年間死亡者数に基づくと、1秒に約2人の人間が死んでいるというデータが導き出されるという。冒頭から、画面の左上部分には時間の経過とともに、死者数のカウントが刻まれていく。タムロンラタナリット監督は「実はこの映画を作る前に友人が亡くなったことが、死について思いめぐらせる契機になりました。映画のスタイルとして、死は普通の自然なものであると扱いたかった。ある日、人は突然いなくなるということを提示したかった」と狙いを語る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の中の矛盾に葛藤しやすい日。考えすぎて疲れてしまいそう...もっと見る >