2019/07/07 11:00

峯田和伸×古舘佑太郎×石橋静河が爆笑トークで解き明かす「いちごの唄」

 NHK朝の連続テレビ小説「ひよっこ」の脚本家・岡田惠和氏とロックバンド「銀杏BOYZ」の峯田和伸が共同名義で執筆した同名小説を原作にした「いちごの唄」(菅原伸太郎監督)はまさに、“いちご”のような甘酸っぱい青春ストーリーだ。原作・音楽・出演の峯田、純粋無垢な青年コウタを演じた古舘佑太郎、ヒロイン役の石橋静河の3人が爆笑トークで作品の魅力を語ってくれた。(取材・文・写真/平辻哲也)

 同作は「ひよっこ」の脚本・岡田氏、出演の峯田のコンビが、「銀杏BOYZ」の名曲「漂流教室」「ぽあだむ」などをイメージソースに、純真無垢な青年コウタ(古舘)が中学時代、密かに「女神」と崇めていた初恋の相手、千日(石橋)と10年後に再会し、恋心を抱く姿を描く。原作・音楽・出演の3役をこなした峯田は、原作の物語について「岡田さんの色と自分の音楽がどういうふうに結びつくのか、と思っていました。でも、なんとなく予想はしていて、銀杏BOYZの曲もシリアスなものもあれば、ちょっと甘めのやつもあるので、そのふたつがあわさったファンタジーのよう。読み物として、すごく面白かったです」と話す。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >