2019/07/07 21:30

「好きだった君へのラブレター」プロデューサーがYA小説「10 Blind Dates」の映画化権を獲得

 [映画.com ニュース] Netflixの大ヒット映画「好きだった君へのラブレター」をプロデュースしたマット・カプラン率いるエース・エンターテインメントが、アシュリー・エルストン著のYA小説「10 Blind Dates(原題)」の映画化権を獲得した。米Deadlineによれば、「アデライン、100年目の恋」「ザ・マウンテン 決死のサバイバル21日間」のJ・ミルズ・グッドローが映画の脚本を執筆する。

 原作「10 Blind Dates(原題)」は、ディズニー傘下のハイペリオンブックスから10月に出版される新刊で、失恋したばかりのソフィーが主人公として描かれる。クリスマスに祖父母の家を訪れたソフィーは、祖母の発案で親族たちがそれぞれお膳立てしたブラインドデートに10回チャレンジすることになる。そこへ突然、ソフィーの元彼がやり直したいと姿を見せるが、ソフィーは自分が付き合える余地のない別の人に心が傾いていると気づき困惑する、というストーリーのようだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >