2019/07/10 15:00

ワイズマン、ワン・ビンなど15作品 山形ドキュメンタリー映画祭コンペ上映作品決定

アナンド・パトワルダン「理性」の一場面
アナンド・パトワルダン「理性」の一場面

 [映画.com ニュース] 10月10日から山形市で開催される山形国際ドキュメンタリー映画祭2019のインターナショナル・コンペティション部門上映作品が発表された。

 今年は123の国と地域から1428本の応募が寄せられ、15作品を選出。フレデリック・ワイズマン(アメリカ)、ワン・ビン(中国)、アナンド・パトワルダン(インド)ら世界各国の巨匠の新作のほか、日本の映像作家・牧野貴の作品も選ばれた。

 映画祭期間中に著名な国際審査員によって審査され、大賞のロバート&フランシス・フラハティ賞他各賞が決定。アジアの新進ドキュメンタリー作家の作品を紹介する部門「アジア千波万波」のラインナップは7月末に発表される。

 山形国際ドキュメンタリー映画祭2019は、10月10日から17日まで、山形県 山形市中央公民館、山形市民会館、フォーラム山形、ソラリス、山形美術館、山形まなび館ほかで開催。

▼コンペティション部門上映作品は以下の通り

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ひっそりと静かに過ごしたい気分。早々に家に帰り、好きな読書...もっと見る >