2019/07/11 15:00

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」アンコール放送決定 第10話までを3夜で集中オンエア

アンコール放送決定 (C)創通・サンライズ
アンコール放送決定 (C)創通・サンライズ

 [映画.com ニュース] NHK総合テレビで放送中のテレビアニメ「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星」のアンコール放送が決定した。7月13日深夜12時5分から第1~3話、20日深夜1時25分から第4~7話、27日深夜1時35分から第8~10話を集中放送する。なお、28日には第11話がオンエアされる。

 「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星」は、2015~18年に制作されたOVA「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」の再編集版。テレビシリーズは、OVAで作画監督を務めた西村博之を中心に、100弱のカットと一部セリフに修正を加えて全13話に再構成した。

 また、「機動戦士ガンダム40周年プロジェクト」の総合音楽プロデューサーを務めるSUGIZOが主題歌プロデュースを担当していることも話題で、オープニングを「LUNA SEA」、エンディングを「GLIM SPANKY」、miwa、コムアイ(水曜日のカンパネラ)、アイナ・ジ・エンド(BiSH)が歌う。楽曲ラインナップには新曲のほか、「機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編」(82年公開)の「めぐりあい」や、「機動戦士Zガンダム」(85年放送)の「水の星へ愛をこめて」、「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」(88年公開)の「BEYOND THE TIME~メビウスの宇宙を越えて~」といった歴代作品の主題歌カバーも含まれている。



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ひっそりと静かに過ごしたい気分。早々に家に帰り、好きな読書...もっと見る >