2019/07/12 13:00

ユエン・ウーピン「マトリックス」のオファーを2度断っていた!

Brent N. Clarke Photography (Getty)
Brent N. Clarke Photography (Getty)

 [映画.com ニュース] 「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ」「マトリックス」「キル・ビル」シリーズ、「グリーン・デスティニー」といった作品で武術指導を担当した香港映画界の重鎮ユエン・ウーピン。このほどリンカーン・センターで開催された「第18回ニューヨーク・アジア映画祭」に出席し、インタビューに応じた。(取材・文/細木信宏)

 香港映画界初の武術指導となったユエン・シャオティエンを父に持つウーピンは、幼少期から武術、京劇などを学び、スタントマンとして映画界に入った。1970年代から武術指導を任され、若きジャッキー・チェンを主演に据えた「スネーキーモンキー 蛇拳」「ドランクモンキー 酔拳」では、監督としての才能を発揮。80年には「和平電影製片公司」を設立し、自身の血縁関係で構成された「袁家班」(ユエン・アクションチーム)を結成し、数々のカンフー映画を手がけるようになった。その後「マトリックス」でハリウッド進出を果たすと、ワイヤーアクションが世界的評価を受けた「グリーン・デスティニー」、クエンティン・タランティーノ監督作「キル・ビル」、チャウ・シンチー監督作「カンフーハッスル」といった秀作の武術指導を行ってきた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >