2019/07/12 15:00

遠藤新菜&SUMIREがシンガポールで見せた“リアルで自然な関係” 宮崎大祐監督「TOURISM」

 米軍基地の街で暮らすラッパーの少女を描き、国内外で高い評価を得た「大和(カリフォルニア)」の宮崎大祐監督の最新作「TOURISM」が、7月13日に公開される。東京から程近い地方都市でフリーターとして暮らす若いふたりの少女が、初めての海外旅行を経験。将来への不安や期待を抱えながらも居心地の良い“地元”での生活を続けてきたふたりが、多民族国家として知られるシンガポールを訪れ、文化の違いを自然体で軽々と乗り越え、リアルに楽しむ姿をドキュメンタリータッチで追いかけた。メインキャストの遠藤新菜とSUMIRE、宮崎監督に話を聞いた。(取材/編集部、撮影/松蔭浩之)

--若い女性のふたり旅、という設定についてお聞かせください。

宮崎 ひとり旅だとなかなか話がもたなかったり、逆に3人だと関係性が安定してしまって、その中で物語をまわすことはできますが、動きが出ないことも。前作「大和(カリフォルニア)」はある一地点に住む女性ふたりを描きましたが、今回は動き回ることで、ドラマが広がると思いました。また、前作の続きのようなイメージがあったので、引き続き遠藤さんに出演をお願いしました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

五感を生かした実用的な趣味が楽しい日。料理やアクセサリー作...もっと見る >