2019/07/12 23:00

「S.W.A.T.」アレックス・ラッセル、シリーズ初挑戦で得た“俳優としての自由さ”とは

 [映画.com ニュース] 現在放送中のポリスアクションシリーズ「S.W.A.T.」シーズン2で、トラブルメーカーのジム・ストリートを演じるアレックス・ラッセルが来日。自身初となるシリーズにかける思いや役作り、俳優という職業観を映画.comに語った。

 ※本記事は、「S.W.A.T.」シーズン1~2第3話までの内容に触れています。未見の方はご注意ください。

――ご自身にとって初のテレビシリーズですが、映画と1番大きく違う点はどこでしょうか?

 「最大の違いは、時間です。ネットワーク局のドラマは特にそうですが、1年のうち9カ月間くらいを費やします。すごい長さですよね(笑)! シーズン2を撮り終えてから2カ月くらいでもうシーズン3の撮影が始まるんです。ハードワークだし、休む時間も少なくて、シーズンの終わりには疲れ切っていますね(笑)。でも、そういう生活を送ることで、役が自分自身と重なっていく。これって、俳優としてはすごく自由になれるということでもあるんですよ。映画ではありえない方法でキャラクターと繋がっているんですから。もちろん映画も、いろんな役に挑戦するのも大好きですが、それでもジム・ストリートという役は特別です。もう僕自身が彼の一部で、彼も僕の一部になっている。そういう繋がりが、今の僕を形成しています。このドラマが続く限り、僕は彼を通して生きています。こういうすべてのことが、彼を演じる上での自信になっています」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >