2019/07/13 19:39

上田慎一郎監督ら映画祭“同期生”3人による「イソップの思うツボ」でSKIPシティ映画祭開幕

 [映画.com ニュース] 「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019」が7月13日、埼玉・川口市のSKIPシティ 映像ホールで開幕し、12年の同映画祭で顔を合わせた浅沼直也氏、上田慎一郎氏、中泉裕矢氏が監督した「イソップの思うツボ」(8月16日公開)がオープニング上映された。

 「イソップの思うツボ」はカメだけが友だちの内気な女子大生(石川瑠華)、大人気“タレント家族”の娘で恋愛体質の女子大生(井桁弘恵)、 “復讐代行屋”の娘(紅甘=ぐあま)が織りなす予測不能の騙しあいのバトルロワイヤルを描く。昨年の大ヒット映画「カメラを止めるな!」では上田氏が監督、中泉氏が助監督、浅沼氏がスチール担当を担当している。

 浅沼監督は「12年に知り合ったけれども、まさかこういう日が来るとは思わなかった。その時は中泉さんはとっつきにくく、上田さんとは喫煙所でちょっとしゃべっただけ。ようやくマブダチになった」と言うと、上田監督は「(取材の時に)マブダチと言って、受けが良かったので、言っているんですよ。オムニバス映画『4/猫 ねこぶんのよん』でそれぞれ短編を撮って、一緒に宣伝活動をした時にちょっと仲良くなり、『また、みんなでやりたいね』と居酒屋で言ったのがきっかけです」と明かした。最後に発言の機会が与えられた中泉監督は、すべて言われてしまったようで、「その通りです」とポツリ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >