2019/07/17 18:00

ジブリの企業CMは「好きなようにつくる」のが信条 鈴木敏夫が明かすショートアニメ制作の内幕

ハウス食品「おうちで食べよう。」シリーズCM (C) 2015 Studio Ghibli
ハウス食品「おうちで食べよう。」シリーズCM (C) 2015 Studio Ghibli

 [映画.com ニュース] スタジオジブリが制作した企業CMや短編を収めた作品集「ジブリがいっぱいSPECIALショートショート 1992-2016」(7月17日発売)。長編制作のかたわら、四半世紀にわたってつくられてきた32にもおよぶ収録作からは、宮崎駿、近藤喜文、百瀬義行らジブリアニメを支え続けてきたクリエイターたちの新たな一面を垣間見ることができる。「天才の思考 高畑勲と宮崎駿」(文春新書)で長編作品のメイキングを総括した鈴木敏夫プロデューサーに、“もうひとつのジブリの歴史”ともいえるショートアニメ制作の舞台裏を振り返ってもらった。

 ジブリが本格的に企業CMをつくりはじめたのは、「千と千尋の神隠し」が公開された2001年から。ジブリの映画に協賛する各社などからCMの依頼があっても断り続けてきたが、いよいよ断りきれなくなったことがCM制作に乗り出した正直なところだったと鈴木プロデューサーは苦笑する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >