2019/07/18 06:00

第32回東京国際映画祭、日本映画界のレジェンド・大林宣彦監督を特集!

新作「海辺の映画館 キネマの玉手箱」 の“世界初上映”も予定 (C)2020「海辺の映画館―キネマの 玉手箱」製作委員会/PSC
新作「海辺の映画館 キネマの玉手箱」 の“世界初上映”も予定 (C)2020「海辺の映画館―キネマの 玉手箱」製作委員会/PSC

 [映画.com ニュース] 第32回東京国際映画祭(10月28日~11月5日に開催)の特集企画第1弾が、このほど発表された。「Japan Now」部門では“映像の魔術師”と称され、今なお最前線で活躍している日本映画界のレジェンド・大林宣彦監督をクローズアップする。

 幼少の頃から映画を撮り始め、大学時代に自主制作映画のパイオニア的存在となり、日本の映像史を最先端で切り拓いた大林監督。1977年に「HOUSE ハウス」で商業映画に進出し、80年代には「転校生」(82)、「時をかける少女(1983)」(83)、「さびしんぼう」(85)といった“尾道三部作”を発表し、熱狂的な支持を集める。98年に公開された「SADA」は、第48回ベルリン国際映画祭国際批評家連盟賞をはじめ、国内外で数々の受賞を果たしてきた。

 反戦の思いを込めた「この空の花 長岡花火物語」(11)、「野のなななのか」(14)、「花筐 HANAGATAMI」(17)といった“大林的戦争三部作”を世に放ち、現在は新作「海辺の映画館 キネマの玉手箱」に着手。待望の新作は、今回の東京国際映画祭で“世界初上映”される予定だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >