2019/07/18 19:49

是枝裕和監督「真実」ベネチア国際映画祭オープニング作品に!日本人監督作は初めて

是枝裕和監督にとっては3度目のベネチア
是枝裕和監督にとっては3度目のベネチア

 [映画.com ニュース] 是枝裕和監督の最新作「真実」が、イタリアで開催される第76回ベネチア国際映画祭(8月28日~9月7日)のコンペティション部門に選出され、オープニング作品として上映されることが決定した。世界最古の歴史を持つ同映画祭で、日本人監督が手がける作品がオープニングに選ばれるのは史上初の快挙だ。

 昨年の第71回カンヌ国際映画祭で「万引き家族」が最高賞となるパルムドールに輝いた是枝監督だが、今度はベネチアに“顔”として戻ってくる。監督デビュー作「幻の光」が第52回で金のオゼッラ賞を受賞。2017年の第74回では、「三度目の殺人」がコンペティション部門に選出されており、3度目のベネチア参加となる。

 是枝監督は、「大変光栄です。映画祭関係者の皆さんにまず感謝致します。撮影は昨年の秋に10週間パリで行いました。発表された通り、キャストは本当に華やかなのですが、物語の七割は家の中で展開していく、小さな小さな、家族のお話です」と喜びを明かす。そして、「その小さな宇宙の中に出来る限りの後悔や嘘や見栄や寂しさや、和解や喜びを詰め込んでみました。どうぞ、お楽しみください」と締めくくっている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりはとてもいいが、こうと決めたら絶対やり抜く意志があ...もっと見る >