2019/07/18 20:03

有村架純、「そして、生きる」で被災したヒロインの10年を熱演「自分のキャパ超えた」

舞台挨拶に立った有村架純
舞台挨拶に立った有村架純

 [映画.com ニュース] 女優の有村架純と俳優の坂口健太郎が共演するWOWOW「連続ドラマW そして、生きる」の完成披露試写会が7月18日、都内で行われた。2人のほか、知英、岡山天音、月川翔監督が舞台挨拶に登壇。有村は、「ひとつひとつのシーンを一生懸命生きながら過ごしました。その熱い思いが皆さんの心に届けばいいな」と笑顔でアピールした。

 有村が主演したNHK朝の連続テレビ小説「ひよっこ」などの岡田惠和氏によるオリジナル脚本で、東日本大震災で被災しながら女優を目指すヒロインと東北にボランティアに訪れた青年の10年間を描くラブストーリー。有村は、「すごく男前な性格だけれど、傷つくところは傷つく人間らしい女性。彼女を生きるには、自分のキャパを超えなければいけませんでしたが、キャスト、スタッフに助けられながら最後まで演じることができました」と振り返った。

 デビュー作の映画「阪急電車 片道15分の奇跡」の脚本も岡田氏で、「デビュー当時から見守ってくださっていて、自分自身を超える役をプレゼントしてくださる恩師のような存在」と感謝。そして、「精いっぱい役を愛することで、岡田さんにお返しする、その気持ちを大事に演じました」と語った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

五感を生かした実用的な趣味が楽しい日。料理やアクセサリー作...もっと見る >