2019/07/20 07:00

高良健吾、ストーカー役がピッタリに苦笑も「どういう爪痕を残すか楽しみ」

舞台挨拶に立った高良健吾ら
舞台挨拶に立った高良健吾ら

 [映画.com ニュース] 俳優の高良健吾が7月19日、主演映画「アンダー・ユア・ベッド」の初日舞台挨拶を、共演の西川可奈子、安部賢一、安里麻里監督らと東京・テアトル新宿で行った。

 「リミッターを外せ!」を合い言葉に、タブーとされるテーマを監督らの感性に任せて放つ「ハイテンション・ムービー・プロジェクト」の第2作。同作は大石圭氏の同名小説が原作で、高良は11年前にただひとり名前を呼んでくれた女性に執着的な思いを寄せる主人公・三井を演じた。

 R18(18歳未満観賞不可)に指定され、「きっと皆さんは、刺激を求めて来たちょっと変わった人が多いのかな」と立ち見も出る客席に向かってニヤリ。周囲からは既に好評価が寄せられているそうだが、「今までにないくらい楽しみですが、ストーカーの役が合うといわれるとちょっと複雑ですね」と苦笑した。

 ヒロインの西川も、「見た後に2~3日引きずる方が多い感じで、それだけ作品の世界観に浸っていただけているのかな。母も見て、しばらくは三井くん、三井くんと言っていた」と照れ笑い。さらに、大石氏から「初めてお会いした時に、台本にサインをくださいと言われ、恐縮しつつも光栄でした」と笑顔をはじけさせた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >