2019/07/22 13:00

SKIPシティの国際コンペ部門最高賞は合作アニメ作品に栄冠

国際コンペティション部門の審査委員長を 務めた三池崇史が「ザ・タワー」を絶賛
国際コンペティション部門の審査委員長を 務めた三池崇史が「ザ・タワー」を絶賛

 [映画.com ニュース] 「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019」のクロージングセレモニー(表彰式)が7月21日、埼玉・川口市のSKIPシティ映像ホールで行われ、ノルウェー、フランス、スウェーデン合作のアニメ「ザ・タワー」(マッツ・グルードゥ監督)が最優秀作品賞(賞金100万円)と観客賞をダブル受賞した。アニメ作品の長編コンペティション部門は初選出、初の最高賞受賞となった。

 「ザ・タワー」は、70年間レバノンの難民キャンプで暮らす曽祖父と少女の深い絆を軸に、4世代に渡る難民一家の歴史を77分で描いたもの。グルードゥ監督は、これがデビュー作となるノルウェー人のアニメーション作家。2018年、仏アヌシー国際アニメーション映画祭でプレミアされている。

 プロデューサーのパトリス・ネザン氏は、「難民の問題は日本の方には縁遠いテーマかもしれませんが、観客からは多くのフィードバックをいただきました。本作は監督自身が難民キャンプで過ごした経験を基にしたものです。現実を忠実に描きたい、という思いがあり、製作に8年かかりました。監督は繊細で人間性あふれる人で、きっちり寄り添う贅沢な経験となりました」と挨拶した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >