2019/07/22 20:42

辻仁成、息子の“恋人ができた記念”で一緒に曲作り 「何事もやらせてみる」教育のこだわり明かす

 [映画.com ニュース] 世界23カ国で翻訳されたベストセラーを俳優キウェテル・イジョフォー(「それでも夜は明ける」)がメガホンをとり映画化した「風をつかまえた少年」のトークイベントが7月22日、東京・渋谷のユーロライブで行われ、作家、ミュージシャン、映画監督など様々なジャンルで活躍する辻仁成氏が登壇した。感想を問われた辻氏は「文明のない場所で、学ぶことを知った少年が自分の力で自家発電の装置を作ることの大変さ、人間の限りないひたむきさが描かれています。今日、吉本(興業)さんの会見も見ていたので、この映画で心洗われた感じがしました」とホットな話題をからめ、会場の笑いを誘った。

 物語の舞台は、2001年に大きな干ばつが襲ったアフリカの最貧国マラウイ。少年ウィリアム・カムクワンバ(マックスウェル・シンバ)は、飢饉による貧困のため通学を断念する。ある日、図書館で出合った1冊の本を参考に、廃品を利用した風力発電を作り上げることを思いつく。科学よりも呪術を信じる村の人々や自分の話に耳を貸さない父(イジョフォー)に反対されるなか、ウィリアムは独学で風車を作り、村の貧困を救うべく奔走する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >