2019/07/23 18:00

オダギリジョー初監督作、ベネチア映画祭ベニス・デイズ部門に出品決定 長編日本映画で史上初

(C)2019「ある船頭の話」製作委員会
(C)2019「ある船頭の話」製作委員会

 [映画.com ニュース]8月28日(現地時間)に開幕する第76回ベネチア国際映画祭のベニス・デイズ部門が発表され、オダギリジョーの長編初監督作「ある船頭の話」が正式出品作品として上映されることがわかった。オダギリのオリジナル脚本で、近代化以前と思しき山村の川で渡し舟を漕ぐ船頭を通し、“人間の根源”を描く作品。柄本明が主人公の船頭トイチ役を演じる。なお、今年の同映画祭では、是枝裕和監督の最新作「真実」が、コンペティション部門に正式出品され、オープニング作品に選ばれている。

 ベネチア国際映画祭はカンヌ、ベルリンと並ぶ世界三大映画祭のひとつで、世界最古の歴史を持つ映画祭。なかでも、ベニス・デイズ部門は革新性や探求心、オリジナリティ、インディペンデント精神などに優れたハイクオリティな作品を紹介することを目的とした部門で、長編日本映画としてはオダギリ監督作が史上初の選出となる。

 これまでオダギリは大友克洋監督「蟲師」(06)、青山真治監督「サッド ヴァケイション」(07)で俳優としてベネチア国際映画祭に参加しているが、今回は監督として邦画史上初となるベニス・デイズ部門選出という快挙。オダギリ監督は上映に合わせて現地入りをする予定。受賞結果は、映画祭最終日の9月7日に発表される。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >