2019/07/24 10:00

「永遠に僕のもの」ロレンソ・フェロの半裸ショット入手 あどけなさ×色気のギャップ炸裂

愛らしさを持つ一方で、どこか狂気をはらんだ ような近寄りがたいオーラを放つ
愛らしさを持つ一方で、どこか狂気をはらんだ ような近寄りがたいオーラを放つ

 [映画.com ニュース] “南米のディカプリオ”と評される新星ロレンソ・フェロがアルゼンチンの美しき連続殺人犯を演じた映画「永遠に僕のもの」の場面写真を、映画.comが独占入手した。あどけなさの中にも色気や妖しさを感じさせる、匂い立つようなフェロモンをまとったフェロの“キューピーボディ”をとらえている。

 スペインの巨匠ペドロ・アルモドバルがプロデュースを務め、アルゼンチンで大ヒットを記録した本作。第71回カンヌ国際映画祭の「ある視点」部門に正式出品され、第91回アカデミー賞外国語映画賞のアルゼンチン代表作品に選出された。主人公カルリートス(フェロ)のモデルとなったのは、1971年にブエノスアイレスで殺人と強盗の罪で逮捕された、実在の青年カルロス・エディアルド・ロブレド・プッチ。凶悪な犯罪行為だけではなく、「ブラック・エンジェル」「死の天使」と評されたほどの美貌でも世間の注目を集めた。

 俳優ラファエル・フェロを父に持つロレンソは、子役の経験はあるものの、本作で映画初出演、初主演となる。1000人の候補者が集まったオーディションを勝ち抜き、主役の座を射止めた。そんなフェロの半裸をとらえた場面写真は、煙草をくゆらせ鋭い視線を投げかけるクールなものから、寝起き直後の虚ろな瞳で歯ブラシをくわえ立ちすくむ姿、拳銃を手にベッドの中でポーズを決めるキュートなカットまで、様々な表情を切り取っている。思わず抱きしめたくなるような愛らしさを持つ一方で、どこか狂気をはらんだような近寄りがたいオーラを放っており、魅惑的なギャップが炸裂したビジュアルとなっている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

スッキリしない出来事が多く落ち着かない日。悩むよりも、音楽...もっと見る >