2019/07/25 15:23

ジャ・ジャンクー監督、“集大成”に込めた「青の稲妻」「長江哀歌」で描けなかったこと

(左から)中国の名匠ジャ・ジャンクー、主演を務めたチャオ・タオ、プロデューサーの市山尚三氏
(左から)中国の名匠ジャ・ジャンクー、主演を務めたチャオ・タオ、プロデューサーの市山尚三氏

 [映画.com ニュース]第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式出品された「帰れない二人」の会見が7月25日、東京・Bunkamuraで行われ、来日を果たした中国の名匠ジャ・ジャンクー、主演を務めたチャオ・タオ、プロデューサーの市山尚三氏が出席した。

 ひと組の男女がたどる2001年から17年間の物語を、変わりゆく中国を背景に描いた人間ドラマ。ジャ・ジャンクー監督の公私にわたるパートナーであるチャオ・タオが主人公チャオ、「薄氷の殺人」のリャオ・ファンが恋人ビンを演じている。

 「15年に製作した『山河ノスタルジア』は時間のスパンは長く、物語が未来にまで及んでいた。今回も非常に長い時間をかけた物語を描いていますが、まず考えたのは“現代の我々の姿”」と語ったジャ監督。「中国は今、激烈な変化をとげている最中です。経済、政治の変化が、人々に直接影響している。『自分はどんな世界で生きているのか?』という思考を経て、私はマクロな視点で人間を見るという方法を考えたんです。長いスパンのなかで“人間を観察する”。歴史のなかで人間を理解していく――17年間という歳月は、必要な時間だったんです」と作品に込めた思いを述べていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >