2019/07/26 13:00

深田晃司監督は「こう見えてサディスト」 筒井真理子が語る鬼才と「よこがお」

ロカルノ映画祭に正式出品も決定!
ロカルノ映画祭に正式出品も決定!

 [映画.com ニュース]第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞を受賞した「淵に立つ」から2年――。鬼才・深田晃司監督は、女優・筒井真理子と再タッグを組み、最新作にして問題作「よこがお」を完成させた。そんな二人の思いとは? 二人に聞いた。

 筒井演じる主人公はある事件をきっかけに、「無実の加害者」へと転落する。身に覚えのないことで不利な状況に陥り、気がつくと日常が崩壊し始めていた。誰にでも起こりうるかもしれない人生の不条理に、人はどう立ち向かえるか。運命を受け入れ、ふたたび歩み続けるまでの絶望と希望を描くヒューマンサスペンスだ。カンヌをはじめ、世界的な評価を受けた2016年の「淵に立つ」は二人に何をもたらしたのか。「一言で言えば、自分にとっては筒井真理子さんですね。またお仕事をしたいなと思っていました。だから脚本が出来る前の段階から、本作のオファーをさせてもらいました」と語る深田監督に、筒井も「うれしいです! 深田監督の作品に出ると、私はこんな顔をしているのかと気付かされることが多いんです。先日も、目が死んでいるところがあったと言われたんですけど、確認したら本当に目が笑っていないなと思って。そういうのもうれしいんです」と続ける。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

五感を生かした実用的な趣味が楽しい日。料理やアクセサリー作...もっと見る >