2019/07/27 11:00

菅田将暉、山崎貴監督流の負荷で“燃える”!「リズムの気持ち良い現場が好き」

劇中屈指の名シーン“本会議”を振り返る
劇中屈指の名シーン“本会議”を振り返る

 1937年、呉海軍工廠にて起工し、45年4月7日「坊ノ岬沖海戦」の場で撃沈した「戦艦大和」――史上最大の戦艦が辿った悲劇の運命は、不変の事実として歴史に刻まれている。三田紀房氏の人気漫画「アルキメデスの大戦」は、この史実にひとりの天才数学者の人生を投入し、“机の上の大戦”を紡ぎあげた。日本を代表する映画監督でVFXの名手としても知られる山崎貴、若手随一の実力派・菅田将暉がタッグを組んだ実写映画版は、2人の才能が見事な融合を果たし、リアリティに満ちた“if(もしも)の歴史”の構築へと至っていた。(取材・文/編集部、写真/間庭裕基)

 吉野家のCMシリーズ「吉野家 築地一号店物語」でのタッグを経て、映画作品では初顔合わせとなった山崎監督と菅田。「そこのみにて光輝く」(呉美保監督)における菅田の芝居に感銘を受けた山崎監督は「活きの良い人が来たな」と才能を見抜き、ある人物の猛プッシュを経て、“タッグ”を模索するようになった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >