2019/07/27 16:00

インドネシアの監督親子が明かす、東南アジアの映画界の今

ガリン・ヌグロホ監督とカミラ・アンディニ監督
ガリン・ヌグロホ監督とカミラ・アンディニ監督

 [映画.com ニュース] 国際交流基金アジアセンター主催による「響きあうアジア2019」プロジェクト。7月3~10日で開催された特集上映&シンポジウム「東南アジア映画の巨匠たち」は、公益財団法人ユニジャパン(東京国際映画祭=TIFF)がアジアセンターとの共催イベントとして大盛況の内に幕を閉じた。

 そこで、ジャパンプレミア上映作品「メモリーズ・マイ・ボディ」を監督したインドネシア映画界の巨匠ガリン・ヌグロホ監督と、「見えるもの、見えざるもの」を監督した彼の娘でもあるカミラ・アンディニ監督に、インドネシアと東南アジアの映画界の今を語ってもらった。

――おふたりはインドネシア映画界を代表する存在ですが、それとともに親子でもあります。親子であることを意識されることはありますか?

ガリン・ヌグロホ「もちろん。意識していなくても、映画祭などで必ず指摘されますよ」
カミラ・アンディニ「映画業界に入ったときから、業界の人がみな、私のことを知っているんですよ。仕事の現場だというのに、家族の中に入ってしまったような感覚でしたね(笑)」
ガリン「そうすると、自分だけ年をとってしまった気分になるの、知っていた?(笑)」
カミラ「そりゃそうよ、お父さんだもん(笑)。初めて東京国際映画祭に来たとき、初めての東京だっていうのにみんな私を知っていてすごく変な感じがしたわ」
ガリン「そういうときに居合わすと、いつも“君よりもすごい才能が出てきちゃったね”って言われるよ」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >